レダとポール・ネイロン

どこまで成長するんだろう

レダとポール・ネイロンレダ(写真右)とポール・ネイロン(写真左)を並べてみた。

相変わらずレダが好き勝手に伸びる。支柱に這わせるほどでもないので放任。この調子だと、再来年あたりにはこのテラスに入りきらなくなる。オールドローズだから仕方ないんだけどさ…

思いのほかポール・ネイロンが不調。もっと大きくなるはずだったのだが。根が不十分なんだろうか?一応花芽は付いているようだが果たして…

鉢の上にタイムが黒ポットのまま置いてあるのは、一緒に植えようと買ってきたものの鉢が小さすぎて入らなかったため。病害虫予防になるので可能なら一緒に植えたかったのだが。別の鉢に植えて隣に置くだけでも効果があるから、それでもいいけど。マリーゴールドとかは混植じゃないと効果がないね。

バラが咲くまで特に何もなく、寂しい状態。チューリップを植えなかったことが悔やまれる。

開花時期がずれるので、やはりバラとチューリップは一緒に栽培することが多い。遅咲きのチューリップがゴールデンウィーク頃まで見頃で、バラが咲くのはもっと後。植え付けから開花まで最低でも半年間は庭を占有することになるので、庭が狭いとどうしても敬遠してしまいがちだが、毎年春になるたびに「植えておけばよかった」と思う。

楽天市場の国華園で今年の秋向けの球根販売が始まったようなので、おすすめの品種とかを書いてみてもいいかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>